ニニフニ。

寺社を巡ったり描いたり彫ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

十六番 西光寺(さいこうじ)

西光寺


秩父霊場は宗派別に見ると曹洞宗が20ヶ寺、臨済宗が11ヶ寺、真言宗が3ヶ寺という内訳で、ほとんどが禅宗寺院となっている。
そんな中にあって十六番の西光寺は数少ない真言宗。
境内には四国八十八ヶ所霊場の本尊模刻が並ぶ回廊堂やら金比羅堂やら、密教寺院らしく色んなものがある。

なぜか酒樽の中に大黒天が祀られていたり。


本堂


本堂右手、札堂には無数の釘跡がある。
かつての巡礼者はここの柱に木札を打ち付けて、本尊との結縁を願ったらしい。
元々は他の札所にも札堂っていうのはあったらしいけど、今では十六番にしか残されていない。


札堂


それと、聞いたところによると本堂内には隠し部屋があって、昔はそこで密かに博打や男女の密会が行われていたとか。

「隠し部屋」

なんと魅力的な響きだろうか。
現在は拝観不可だけど気になるところ。
まあ巡礼といっても物見遊山的な側面も強かったのだろう。昔から。

ところで西光寺の住職は両手で同時に文字を書けることでちょっと有名らしく、時々そのパフォーマンスをやったりしてるようなのだが、
参拝時にお会いすることはなかった。


西光寺







関連記事
  1. 2008/08/07(木) 16:43:44|
  2. 秩父札所巡り|
  3. trackback:0|
  4. comment:0
<<十七番 定林寺(じょうりんじ) | ホーム | 秩父神社(ちちぶじんじゃ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nihhi.blog43.fc2.com/tb.php/90-4e355b31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。