ニニフニ。

寺社を巡ったり描いたり彫ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

十三番 慈眼寺(じげんじ)

慈眼寺



西武秩父駅のすぐ側、非常に交通の便が良い場所に位置する十三番、慈眼寺。

幼稚園が併設されている境内は活気がある。

慈眼寺は観音さまと並んで、眼病に霊験あらたかという薬師さんへの信仰も盛んらしく、
「め」と書かれた絵馬がたくさん吊り下げられていた。


薬師堂



えま



この薬師さんは通称「あめ薬師」と呼ばれている。これは縁日に飴を売るからとか、
縁日前後にいつも雨が降るからとか、そんな理由らしい。

経蔵には秩父札所では珍しいジョウロクの阿弥陀さまと、これまた珍しい「十三権者」の像。
なんでも十三権者は秩父の魔を破って秩父札所を開創した方々とのこと。

秩父の魔ってなんなんだろうか。


十三権者


そのメンバーは閻魔大王、善光寺如来(阿弥陀)、妙見菩薩、蔵王権現、熊野権現、なんちゃら上人、なんちゃら法皇などなど錚々たる顔ぶれ。

こういうウルトラ五兄弟みたいな、何ていうのか、オールスター的なものに対してはなぜか心が躍る。

まあそんなことはどうでもいいんだけど、慈眼寺は秩父札所連合会の本部があるということでグッズが充実。

納経帳などのほかに「めぐすりの木」のお茶なるものも売られていた。


納経所






関連記事
  1. 2008/08/03(日) 23:06:20|
  2. 秩父札所巡り|
  3. trackback:0|
  4. comment:0
<<十四番 今宮坊(いまみやぼう) | ホーム | 十二番 野坂寺(のさかじ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nihhi.blog43.fc2.com/tb.php/83-9c44fcee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。