ニニフニ。

寺社を巡ったり描いたり彫ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

三番 常泉寺(じょうせんじ)

観音堂

山を下ってからはスイスイと。途中で横瀬川を渡ると古そうな道標があった。
ほどなくして、田園の広がる中に三番常泉寺を発見。
のどかとしかいいようのない風景だ。秋頃には畦道にコスモスが咲いたりして。

みちしるべ


常泉寺


正面の本堂前には子持ち石というものが置かれていて、抱いたりすると子を授かるということらしい。
ふんふんこういうのってあるよね。

子持ち石

観音堂は本堂よりちょっと高い場所にあって、紫陽花が周りをいい具合に囲んでいた。
昔あった観音堂は焼けてしまったとかで、現在のお堂は秩父神社境内にあった蔵福寺の薬師堂を移築したものとのこと。
この蔵福寺というのは明治3年に廃仏毀釈の煽りを受けて廃寺となったそうな。
いろんな危機をどうにかこうにか乗り越えて、それぞれの札所が存続しているのだね。
先人たちよありがとう、という気持ちになりつつ参拝。

観音堂

総開帳期間ということもあってか、白衣に菅笠、金剛杖を装備した本格派の方々もわりと見かける。
そういえば総開帳なわけで観音像が安置された厨子の扉は開かれてはいるのだが、
暗い、遠い、像が小さい等の理由によりなかなか見えにくいのである。
しかしまあそれはそれ。
見えたら見えたでラッキーくらいの気持ちで、まわること自体を楽しむ次第。



あじさい





関連記事
  1. 2008/07/21(月) 22:16:09|
  2. 秩父札所巡り|
  3. trackback:0|
  4. comment:0
<<四番 金昌寺(きんしょうじ) | ホーム | 二番 真福寺(しんぷくじ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nihhi.blog43.fc2.com/tb.php/26-61948a09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。