ニニフニ。

寺社を巡ったり描いたり彫ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

韋駄天(いだてん)

韋駄天はんこ



・梵名スカンダ。軍神。

・大自在天の息子で歓喜天の弟。

・増長天配下の八将軍の一人で、四天王それぞれに仕える八将軍、合わせて三十二将軍のボス。

・甲冑を付け、合掌した手に宝剣や宝棒を持つ姿で表される。

・天部一の俊足。

・お釈迦さまのために走り回って食物を集めた、というエピソードは「御馳走」の由来になってる。

・伽藍の守護神とされ、禅宗寺院の庫裏などに祀られることが多い。



といった具合の神様。

像は台所に置かれたりするので、それほど大きいものは見かけない。

が、山形県善寶寺の韋駄天は山門にいてでかい。

あとは岐阜県乙津寺の韋駄天などがかっこいいのでは。


武将形ながら四天王や十二神将によく見られるような怒りの表情じゃないってところがポイントで、

個人的には「冷静沈着でデキる人」というイメージ。合掌とかしてるし。足はやいし。

まあお寺であまりお会いすることはないんだけど、好きですよね韋駄天。



韋駄天はんこ






関連記事
  1. 2011/02/22(火) 20:47:51|
  2. 仏ハンコ|
  3. trackback:0|
  4. comment:0
<<矜羯羅童子(こんがらどうじ) | ホーム | 勢至菩薩(せいしぼさつ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nihhi.blog43.fc2.com/tb.php/127-9bae5589
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。