ニニフニ。

寺社を巡ったり描いたり彫ったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

奈良行った その1 法隆寺・中宮寺

中門


今年は平城遷都1300年祭ということで、久々に奈良へ行ってきた。

まず向かったのは斑鳩、法隆寺。
天気は雨だけどレンタサイクル強行で。


阿形



吽形

中門

超有名な塑像の仁王。
「んふーっ」て感じの吽形が好き。


金堂<


金堂

堂内中央に超有名な釈迦三尊、両脇に毘沙門天&吉祥天、さらにその両脇に薬師&阿弥陀如来、
四方には四天王がいらっしゃる。

アルカイックスマイルを湛えた飛鳥時代のお釈迦さまはやわらかい雰囲気。
脇侍、台座、光背を含めたすべてが混ざり合ってゆらゆらしているような、独特の一体感が印象的だった。

日本最古の四天王はみんな直立不動でポーカーフェイス気味。
後世の形式化された像からはかけ離れた造形だ。


金堂&五重塔


写真はないけど修理中の大講堂には丈六くらいの大きな薬師如来を中心に脇侍の日光、月光菩薩と四天王。
来年の3月くらいに修理終わるみたい。


西円堂


西円堂

大講堂を出るともうそこらじゅうに遠足やら修学旅行やらの団体がいてびっくりしたけど、
西院伽藍の北西の隅っこにあるこの西円堂はみんなスルーしているため静か。
中を覗くとまた丈六の薬師さま。乾漆像らしい。
堂内にはすらっとして美しいお顔の千手観音と小さめの十二神将も。


聖霊院


聖霊院

聖徳太子像を安置。
御朱印もこちらで。


夢殿


夢殿

超有名な救世観音がいらっしゃるお堂。
しかし、公開は前日までだったという・・。








中宮寺受付


中宮寺

法隆寺の東院伽藍に隣接する尼寺。
超有名な菩薩さまがいらっしゃる。(見た感じは弥勒だけど寺伝では如意輪観音)
明日からは新潟県立近代美術館で開催される「奈良の古寺と仏像」展へご出張となるため、ギリギリだった。
上野以来。


中宮寺


本堂へは靴を脱いで上がることが出来るので、坐ってじっくりご対面。
菩薩さまは両脇に小ぶりな薬師&阿シュク如来、手前には雨宝童子を従えていた。珍しい構成。

人もほとんどおらず静かな時間だった。




そのほか法隆寺大宝蔵院には超有名な百済観音、いかにも一木な感じのどっしり地蔵、
ほわんほわんした感じのかわいすぎる橘夫人の阿弥陀三尊などなど魅力的な仏さまがたくさん。
さらに大宝蔵殿で開催中だった「法隆寺秘宝展」ではスタイルのいい聖観音、円空の大日如来、お腹のぽってり感がいい具合の不動明王、
手が生えまくった普賢延命菩薩、と、もうてんでインプットしきれなかった。

当たり前だけど、法隆寺は、半端ない。

今回は上御堂も見れてないし、また来よう。
次来るときは、朝一で。
修学旅行生のいないうちに。


東大門






  1. 2010/05/19(水) 16:09:17|
  2. 奈良|
  3. trackback:0|
  4. comment:0
<<善財童子(ぜんざいどうじ) | ホーム | 東慶寺(とうけいじ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nihhi.blog43.fc2.com/tb.php/114-2cac238e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。